2017年1月16日 / by FNHFZEMLDQ / いぼの治療と予防 / No Comments

いぼを治療したいなら、お医者さんと相談しよう

いぼは、基本的に良性なので積極的に治療する必要はありません。言い換えるとウイルス性疾患なので特効薬がありません。とはいえ症状を抑える治療法があります。さらに外科的な手術で除去することも可能です。状況に応じて医師と相談しましょう。

現状の医学ではウイルスに効く薬がありません

現状の医学において、いぼを治す特効薬はありません。もっとはっきりと言えば、疣贅はウイルス性疾患です。ウイルスに効く薬は、インフルエンザなどごく限られたものしか開発されていないのが実態です。

つまりウイルスは世代交代が速く、かつ遺伝的に変異しやすい特徴があります。そのため突然変異によって型が大きく変わります。新しい亜種が生まれることも珍しくありません。したがって目的に応じた薬を作ることが極めて難しいのです。

とはいえ症状を抑える対症療法はあります。完治は難しいですが、目立たなくすることは可能です。もちろん現れる部位にもよりますが、早めに対処すれば治療法は少なくありません。さらに根本的な体質を変えていくことも有効とされています。

免疫力によって自然治癒することも少なくない

いぼを治す上で重要なものは自身の免疫力です。特にウイルス性疾患は自己免疫力こそ最大の対処法です。そのため気づかない間に自然治癒していることも少なくありません。ただし繰り返す事例もあるので油断は禁物です。

原因となるヒト乳頭腫ウイルスが皮膚内へ侵入しても発症しない人がほとんどです。この違いは、個々の免疫力による差と考えられています。すなわち積極的に治療する必要はありませんが、免疫機能を高めることは予防上も有効です。

免疫能力を高めるには規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動が推奨されます。とはいえアスリートでもインフルエンザに罹ります。つまり身体を酷使しすぎるとリスクがあるので、ほどほどに努めることが大切です。

気になる人は外科的な手術で取り除けます

いぼができる場所にもよりますが、美容上の問題であったり、生活に支障が現れるケースも少なくないでしょう。健康上の心配はありませんが、稀にがん化するリスクもあります。できればなくしたいと思うのが心情です。

気になる人は外科的な手術によって除去できます。例えば液体窒素によって患部を凍結させ取り除きます。こちらは健康保険が使えるスタンダードな方法です。ただし痛みを伴うというデメリットが指摘されています。

一方で炭酸ガスレーザーを利用する技法も登場しています。健康保険は使えませんが難治性であったり目立つ箇所に対しては有効です。とはいえ傷があると再発する可能性が否めません。アフターケアに努めることが予防面からも不可欠です。